業務の求人ってあんまりないですね。

新聞とかの広告には、この業務の求人っていうのはあんまり見かけないなって思います。そんなに募集というのがないのかなって思ったりもしますね。業務という仕事は、その幅がすごく広いなっていうのがあります。事務というのでもなく、営業とというのでもなく、その両方を併せ持ったものという感覚ですね。つまりは、なんでも、こなすことができる人が欲しいというところでしょうね。ある程度の事務能力というのがあって、ちょっと社交的に人との接触というのもできて、簡単な販売や営業といったこともできるというのが求められていると思います。そういうのは、求人のところには、仕事内容として、書きにくいなっていうのもあるんでしょうか、業務という言葉はでてこないですね。

実際、事務で仕事の募集があったので、いって働いてみたら、この業務だったというのもあると思います。やってみたら、この仕事もお願いというふうに、どんどん増えていくことも少なくないでしょうね。そいう線引きというのが難しい仕事かなっていうのもあります。でも、事務での時給よりも、その仕事のほうが、負荷が多いので、時給はあげてもらわないといけないだろうなっていうのもありますね。このへんが、ややこしいところという気もします。実際に、働きにいって、それは、り契約と違うのでやりませんというのは、言いにくいところもあります。きっちりと、そのへんは、最初の面接とか、電話とかで、確認というのはしておくほうがいいですね。

Copyright (C)2017求人の面接を受ける時、以前の業務が守秘義務が多い場合の説明法.All rights reserved.