求人を業務とする人へのアドバイス

ハローワークなどを通じて求人した場合、確かに求人に応じてくれる人がいます。人事部門の職員など、採用を業務としている人もいるでしょう。自分の経験から、アドバイスできることをお話します。まず、やはり大切なことは、第一印象でしょう。様々な質問に答えてもらっても、概ね15分程度でしょうし、その人の人望や人格を把握できるかと言われれば、できないでしょう。話すことの対応で、マイナス要素は簡単に表面に現れますが、プラス要素をなかなか汲み取ってあげることは難しいことのような気がします。やはり、第一印象がいい人は、やはり何らかの魅力があるに違いがありません。ここで、注意をしたいのは、ハローワークなどの求人では、求職者は、複数の企業の面接を受けている可能性が十分あることです。

どうしても「他にもいい人材がいないか」と躊躇してしまいがちですが、「よい人材」は、他の企業も見抜く力を持っていますし、時間を経てしまうと、他の企業に採用されてしまう可能性もあります。「よい人材」は、その企業にとっての宝となる可能性があります。第一印象がよければ、躊躇せずに採用するのも、ひとつの勇気であると思われますので、千載一遇の機会を逸失しないような心構えが必要です。一方で、不採用にすることに対して、罪の意識を感じて精神的な負担になることもありません。その求職者も他の企業の求人に応じて、天秤にかけていることも十分にあります。ここは、ご縁というものを感じて、第一印象がいいことは、何かいいものを持っていると信じて取り組むことをお勧めします。

Copyright (C)2017求人の面接を受ける時、以前の業務が守秘義務が多い場合の説明法.All rights reserved.