求人広告で面接、思いもよらない業務でした。

仕事がないの求人広告で仕事を探していいたら、出張が多いメンテナンス業と書かれた求人がありました。給料面もよく少し興味の沸いた僕は面接を受けてみる事にしたのです。そして面接日時を決めてもらったのですが2日ほど先だったので、家でのんびりと過ごしていたら、その会社から電話がかかってきたのです。内容は今すぐに面接に来れないかという事でした。僕は少し突然すぎるなと思いながらも、服を着替え家をでました。時間指定はなかったので、あまり急ぐ事もなく落ち着いてその会社へ向ったのです。途中に考えて、出張メンテナンスとはいったい何をメンテナンスするのかなと疑問をいだきながら到着しました。場所は3階建ての小さなビルで、その一室が会社でした。

待合で少し待たされたでしょうか、中に呼ばれ名刺を渡され社長に面接をしてもらいました。まず、一番気になっていた業務の内容を聞けば、なんと遊園地の観覧車やジェットコースターなどの高所作業のメンテナンス業務だったのす。僕は少し頭の中で想像したのですが、あまり高いところが得意ではありません。そこで社長に少し家で考えさしてもらえませんかと言ったところ、すぐ採用するので今日にでも出張に出れないかと問いかけていました。僕はこの時お断りする事を決めたのです。ろくに履歴書もみずに人を採用するなんて、いい加減すぎると思いました。しかも保険関係の話もしていないのにいきなり出張に行かせるなんてありえないと思いました。しっかり求人内容を書いて欲しいものです。

Copyright (C)2017求人の面接を受ける時、以前の業務が守秘義務が多い場合の説明法.All rights reserved.